一般社団法人 日本レンズ協会は【仕入れ・修理・販売部門】を設立致しました。オールドレンズを整備して状態の良い個体を世に送り出す事が当協会の使命と心得ております。

お金の世界観

ミッションバナー

四つのお金に対する世界観(パラダイム)

お金の世界観
世の中には様々な経済的分野で生きている人がいます。金持ち父さん著者・ロバートキヨサキさんは【クワドラント】という概念で人が見ているパラダイムを分かり易く表現してくれました。E:employee=従業員、S:self employee=自営業者、B:business owner=経営者、I:Investor=投資家・・・経済界に所属する人はこの四つの世界観の中に分類できます。どの分野の人が偉いとかそんな話ではなくて、それぞれの世界に所属している人にはそれに則したパラダイムで自分の世界観を自然と作りあげていくというお話です。それを一般的な日本人に照らし合わせてみたのが上記表になります。併せて、一般社団法人 日本レンズ協会の場合はどの様なビジネスがそれに当てはまるか分類してみました。多くの人が従業員として働き、その一生を過ごします。中には、会社経営や投資家に憧れてその目標を実現する人もいます。私の場合はクラウド上に資産を作りたかったので電子書籍という形態で書籍を刊行してきましたが、中々継続は難しいものだと痛感しております。当協会が主催する光学機器専門学校はそのクワドラントの中ではBに入ると思っていますが、通学している生徒さん達には、技術の習得と並行して毎月【実利】を継続して得て頂きたいので、【仕入れ・修理・販売】のビジネスモデルをこちらで指導して実行してもらっております。従業員の立場は様々な辛さがあるとは思いますが、見方をかえれば一番気楽な立ち位置だともいえると感じています。コツコツ出勤していれば必ず翌月には約束された給与が振り込まれます。そんな立場を大切にしてもらいながら、当協会で修理をコアにしたビジネスモデルを習得してもらえれば当協会としても本望です。同時に、光学機器の整備ができる人が増えていけば後継者の課題もいつか解決致しますし、世にあるオールドレンズが蘇るという意味では協会のミッションにも則した活動だと感じております。

Facebook 個人アカウントもご参照下さい 毎日コンテンツを更新しています

Facebook 友達申請お気軽にどうぞ!より具体的なアドバイスさせて頂きます♪

□個人アカウントhttps://www.facebook.com/kensuke.tasai
□企業アカウントhttps://www.facebook.com/cleanlenshouse/
事業部紹介

【仕入れ・修理・販売】事業部の役割

【仕入れ・修理・販売】事業部の役割

【光学研究所】の役割

光学研究所の役割

【光学機器修理専門学校】の役割

専門学校の役割

【電子書籍出版】事業部の役割

電子書籍出版部の役割

当事業部が販売する個体に関しましては【検査証】を発行致します

画像の説明

合計:151 今日:3 昨日:0

amazon検索サーチウイジェット(レンズも捜せます)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional